「頑張ってやりとおす」から「頑張らなくてもいいようにやる」に変わった導因

20代の間は徹夜で仕事をしてもあすしっかり寝れば恢復できたのが、30代にはいった間が第一段、35年すぎたときに第二段階で、恢復までのタイミングが3日光、ウィークと伸びていう状態、退化を感じましたね。こっち一番は若い時と同じように頑張れても、のちのち、復活のシチュエーションになって感冒をひいたり、時差ぼけみたいに体調がだるかったり。それに職務の大事な時はやる気で乗り切れて感冒も吹き飛ばせていたけど、30過ぎると段々気持ちはあっても体調がついてこなくて、土俵際に追い詰められたときのこだわりがなくなってきたみたいです。そんなことが何度かいらっしゃるうちに自然とボクを拠り所しなくなるというか無茶をすると周囲に迷惑がかかることを学んで、「頑張ってやりとおす」から「頑張らなくても最悪の事態にならないように状況を備え付ける」へ意識が切り替わってきたような気がします。その分意識を使ったり、方に頼ったり。スタミナの衰えを自覚するのは寂しくて悲しいことだけど、その分若い時にはできなかったことができ、高低は広がったような気がしないでも乏しい、と自分に言い聞かせています。なぜ歯について悩む人は生き残ることが出来たか